Et Alors?

しこいわししこいわしの大きめが入ったら連絡をくれるようにお魚屋さんに頼んでありました。
今年は少し早いけど、連絡が入ったので早速5kg購入。

アンチョビにするには、あまり脂がのらない春のほうがいいのです。

まずは頭を取って、20%の塩をまぶして重石をし、待つこと4か月。
4か月経ったら、細かくて大変な作業が待っています。

 

4か月経つまでじっと待ちます。今年は大き目のイワシだったので、きっと2回目の作業も楽なはず。
去年は骨折の後で、あまり手先が使えずに、苦労しましたが、今年はきっといいアンチョビフィレができるはず。
副産物の魚醤も貴重。

楽しみです。

 

そしてせっかくだから、少しよけておいてイワシ料理。

頭、骨、皮を取って塩コショウ。レモン汁でしめてからオリーブオイルを回しかけるだけ。
最後にレモンの皮をおろしてかけるともっと美味。

 

 

そしてお決まりのフリット。
スペインのバールに行ったとき、付き出し?で出てきたイワシの丸ごとフリットが
美味しすぎて忘れられない・・・
あの時の感動をもう一度・・・ということでシコイワシが入ると必ず作ります。

イワシは新鮮でないとすぐに身が崩れてしまいます。海の近くに住む特権です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA