Blog Et Alors?

 桜の満開とともに我が一家に新しい命が誕生した。次男の第二子、男の子である。
長男も次男も第一子は共に女の子だったので、男しか育てたことがない私には、壊れ物を触るような気持ちだった。ところがどうして、女の子の方が身体も強いし、育てやすいのにはビックリ。でも、身体がやはり女の子なので柔らかく、ふわふわしていて、動作もいかにも女の子で愛らしい。今度は男の子なのでお手の物である。

 二人目は、お腹の中でも大きく、予定日4月6日よりはきっと早く産まれるね、と話していた。3月24日に一度陣痛が起きて入院したが、その後止まってしまい退院。こういうフェイントはメンタル的にも母体にはキツい。こうなったらジンクス担ぎ?長男のところは、我が家に遊びに来た次の日に産まれたのでもしや。。と、お預かりの長女の顔を見がてら我が家に。そして、ごろごろしていても仕方ないので、早く出て来てもらうために「歩こう!」ということで、桜も綺麗だし、鎌倉へ!

コラージュ.jpg

 鎌倉に着いたのは夕方だったが、まずは王道の長谷寺へ。大きなお腹でかなりの数の階段上って降りて・・・。それから、また頑張って大仏様へ。お嫁さんも長女の沙都も初鎌倉♪ 大仏様はもう閉門間近に駆け込んで、拝顔。。。。 その後、さらに鎌倉駅まで歩いた。運動目的の駆け足の鎌倉散策だったが、たっぷり歩いて疲れたので我が家にお泊まりしたところ。。。

次の日再入院、そして無事出産となったヽ(゚▽^*)乂(*^▽゚)ノ 。

 次の日、早速長女を連れて病院へ。「沙都ちゃん、弟よ~」とご対面。が、なに分彼女もまだ2月に1歳になったばかりなので、理解できるわけもなく。。。広い面会室をプレイランドと勘違いして大興奮、大絶叫で転がり回る・・・(^_^;A。
 

 で、早々に長女を連れて退散した。。。という長ーい長い2日間だった。

 我が家では長男が桜の時期に産まれた。病院の窓から見えた満開の桜を今でも覚えている。子どもを育てるにはいい季節。私達もまた楽しみが増えた。年子なので子育ては大変だろうけど頑張って欲しい。(そう言う私も年子の兄がいるんだった)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA