Blog Et Alors?

 オリーブオイルには、様々なフレーバーがついたフレーバード・オイルがある。フレーバード・オイルの基本のオイルはもちろん、エクストラバージン・オリーブオイルを使用するのが普通(そうでない場合もあると思われるが)。が、一度フレーバーを付けると、エクストラバージン・オリーブオイルと呼ぶことはできない。エクストラバージン・オリーブオイルと格付けされるのは、良質のオリーブを適した時期、適した方法で、機械的な手法のみでオイルを取り出したもの(味、風味ともに欠陥がみとめられないもの)にのみ与えられる呼称で、フレーバーを付けるという工程を経ることにより、もはやエクストラバージン・オリーブオイルではなくなる。
 
 とはいえ、世の中には様々な美味しいフレーバード・オリーブオイルが存在する。オレンジ、レモン、ハーブ、ガーリック等、バラエティーに富んでいる。

 今日はそのフレーバード・オリーブオイルのご紹介である。

IMG_4313.JPG

 まず、こちら。レモンとガーリックのフレーバーがついている。イタリアのオイルであるが、自由が丘のスパイス専門店で購入。買い占めていくお客様もいらっしゃるとか・・・。今日はこのオイルを開封して、ためしに、カプレーゼに使ってみた。

IMG_4315.JPG

 トマトは時期的に濃厚とは言えないが、お気に入りのマダガスカル産の黒胡椒とともに。。。GOODでした。サラダはもちろん、白身魚のカルパッチョなどにも合いそう。

 さて、もう一つ、珍しいフレーバード・オイルを入手した。ローズのフレーバード・オイルである。たまたま日本オリーブオイルソムリエ協会のEさんからその情報を得て、「え?ローズ???」と思わず。。。ローズといえば、私の年代は資生堂の化粧品のイメージ。香りとしては、私の中ではそのイメージが強い。アロマの勉強をした時も、ローズの精油はどうしても資生堂(何故資生堂かというと、昔は資生堂とカネボウぐらいしかなく、私の祖母や母は資生堂を使っていたからである。)を思い出す。

 まずは、イタリアのマリナコロンナ社にお問い合わせメール。オリーブの品種と、アロマの精油を作る時も気にするべき点であるが、まず、薔薇の花の栽培中に農薬を使っているかどうかの確認。友人が薔薇の栽培を視察する目的でブルガリアに行った時も、農薬使いまくりだったそう。。

 その点、先方からの回答では、イタリア、ベルギー、モロッコからの薔薇で農薬は使っていないとのこと。。。。オイルはコロンナブレンド。マリナコロンナ社は、自家農園にたくさんの品種のオリーブを栽培しており、独自のブレンドを出している。

このオイル。日本に輸出しているというので、とりあえず連絡先を聞き、取り寄せてみた。

IMG_4317.jpg

 イタリアはナポリの東側に位置するモリーゼ州に位置するマリナコロンナ社の薔薇のフレーバード・オリーブオイル。その名もRosaOliva。マリナコロンナ社はたくさんのフレーバードオイルを出している。薔薇の花びらのリゾットにかけて。チーズ・アップル、チョコレートケーキに・・とうたっている。

 検索すると、まず、どこかの美容学校?エステ?が引っかかった。そこでは美容オイルとして使っているようだ。

IMG_4323.JPG

 テイスティング用のグラス。公式のものではないが、スペインで購入したもの。このチューリップ型のグラスを手のひらで温めて、香りを出させるものだ。

結果・・・

 やはり思い出した。資生堂・・・。化粧品。やっぱりそうよねぇ・・・そして口に含んでみると・・・やはり化粧品(笑)。フワーっと苦みが口の奥で広がる。

 いや、そんなことばかり言っていてはいけない。試さなくては。薔薇のリゾットは作っていなかったので、まずはチーズにかけてみた。

IMG_4321.JPG

癖の強いチーズであるが、これは合う。クルミのパンにも付けてみたが、これも合う。
不思議。。。

そして・・・チョコレートケーキに合うのならば、スイーツ系がいいのかな、というのでアイスクリームにかけてみた。

IMG_4325.JPG

 うーん・・・。私はあまり好きではないな。若い搾りたてのエクストラバージン・オリーブオイルの方が合うように思う。

 バラといえば、ローズジャムを戴いたことがある。紅茶にとても合う。そのジャムを使ったシフォンケーキも戴いたことがあるが、それもとても美味しかった。
このオイルは、スイーツ系に利用するといいのかもしれない。スイーツのあまり得意でない私は、さてどのように利用するか・・・

 日本オリーブオイル協会のEさんも購入されたので、ご意見、楽しみである。Eさんは、本場でテイスティング済みとか?日本に同等の質のオイルが入ってきているのかどうか、

IMG_4329.JPG

 ということで、現在我が家に揃っているフレーバードオイルたちである。一番左はスペイン、アルベキーナ種のスモークオイル。次が先ほどのレモンガーリック。そして薔薇。一番右は、小豆島の中良商会の堤さん(以前、国際村のオリーブの木を救ってくださった堤さん)の所のグリーンレモン・オリーブオイル。このオイルは、去年も紹介したが、堤さんが手塩にかけて育てたオリーブオイルである。さわやかなグリーンレモンのフレーバーで、去年も売り切れ続出。本当に何にでも合うオイルである。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA