Blog Et Alors?

 ゴールデンウィークに、私の住む「湘南国際村」の悲しいオリーブの木についての記事を書いた。この記事を呼んでくださった方達、特にオリーブオイルソムリエ仲間の方達から、いろいろなご意見を戴き、このオリーブの木をなんとかしようと思った。

 そもそもこのオリーブの木は、葉山町がオーストラリアのホールドファストベイ市と姉妹都市関係を結んでいることからオリーブの木の苗をプレゼントされ、町役場の玄関の前に植えたことに始まり、「葉山・花と緑のまちづくりを進める会」というボランティア団体が130本の苗を国際村に植樹したものだ。ところが、そのボランティア団体は100名余りの会員がいるにも関わらず、実際に活動しているのは10人にも満たないとのこと。植えたオリーブの世話など出来るはずもない。

 国際村の住宅街は道路を隔てて横須賀市に属する。従って国際村の住人は、「ここは葉山の管轄だ」と思っており、「手入れが悪すぎる」と感じてはいても、それをなんとかしようとする人は残念ながら今までいなかった。

 管理組合、葉山町などに電話をかけて調べたが、このオリーブの木は、「葉山・花と緑のまちづくりを進める会」の専有物となっており、葉山町がこの会に土地の使用許可を与えた形となっている。従って、何か危険な状態になっていない限りは口は出せないというのだ。

 ということで、まずは、この「葉山・花と緑のまちづくりを進める会」の会員になることから始めた。

 そして、先日、近隣の公園でのひまわりの種とコスモスの種まきに参加し、生まれて初めて鍬で耕すという仕事をした。そのときにこの会の会長さんといろいろお話をし、私の気持ちを伝えたところ、「心強いお申し出、ありがとうございます。」と言ってくださった。かといって、肝心のオリーブの木の話になると、どうも進展しない。そもそもマンパワーが足りないのだ。そこで、「私があの木にはさみを入れてもいいですか?」と伺うと、「どうぞお願いします。」ということで、とりあえず、私はあのオリーブたちを剪定することができるようになった。

 とは言え、私は自分の家のオリーブの木もままならない状態。専門家ではないし、ソムリエ講座で少し習ったのと、あとは本で勉強した程度。そこで、小豆島のソムリエ仲間の方にお知恵を拝借した。とにかく剪定して風通しをよくしなければダメだとのこと。一か八か、やるしかない・・・以下、before & after….

IMG_3137.jpg   IMG_3139.jpg
before                                                 after

IMG_3141.jpg    IMG_3142.jpg
before                                      after  やり過ぎ?

IMG_3146.jpg     IMG_3151.jpg
before                                         after

  加減がよくわからない。枯れている枝葉落とし、交差して密集している部分は切り落とし、とにかく風通しを良く・・・。倒れてしまっている木を起こそうとしたが、根が張っている上に雑草が生えないようにとコンクリートではないが、なにかで固めてしまっているため、動かせない。なので、切り落として形を整えて上に伸ばすしかない。。。。

 夫に切り落とした枝の袋詰めを手伝ってもらい、とりあえず本日6本。手にマメができた。そのマメをおつまみに、ビールが美味しかった(笑)。

 今後は、自治会にも話を持って行き、なんとか手伝ってもらえる人を捜して、全部の木の手入れをしてあげようと思う。130本、一人じゃ無理・・・(^^;;

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA