Et Alors?

 長野は白馬でペンションと和牛のレストランを経営している夫の弟夫婦から、珍しいものをいただいた。弟夫婦おすすめのキムチの素や、胡椒味噌、梅酒などと一緒に荷物に入っていた、山羊のチーズ。
 シェーブルチーズ(山羊のチーズ)は、日本人では苦手な人も多いかもしれない。が、私は大好物である。

IMG_1953.jpg

 瓶に入っていて、ハーブとともに米油に浸けてある。長野(白馬)とシェーブルチーズのつながりが意外だったので、義妹に聞いてみたら、このチーズ、「山羊ロブ」と呼ばれるロバートさんという方が白馬で山羊の放牧をしており、このチーズは、その山羊の乳から作ったものだそうである。

 「山羊ロブ」・・・白馬は最近はオーストラリア人のスキー客が多く、様子を聞く限り、なんだか日本ではないみたいですよね。ロバートさんもオーストラリア人。「風の谷ファーム」で30頭の山羊を飼っていて、その乳からチーズを作っているそうだ。オイル漬けも珍しい。

 IMG_1954.jpg

 そこで、早速サラダを作った。もちろん、そのまま食べてもokだろうが、オイル漬けだし・・・ということで焼いてみた。プロバンス地方では、よくシェーブルチーズを焼いてサラダにのせて食べる。温かいチーズがとろり美味しい。ドレッシングは、オリーブオイル、ワインビネガー、粒マスタードのドレッシング。シェーブルチーズは蜂蜜もよく合うのだけれど、今回は使わず・・・。オイル漬けのせいか、癖がなくマイルドな美味しさ。うーーん。幸せ。

 私的には本日のメインは、このサラダなのだが、夫は、やはりこれでは足りない。ということで、なぜか・・・

IMG_1957.jpg
ポークのクリーム煮。カロリー高い(^^;)

 この料理、スイスではよく仔牛を使うが、この辺では手に入りにくいのでポーク。そして、この料理にはロシュティというジャガイモのケーキを添えるが、恐ろしくカロリーが高いので我が家ではほとんどパスタ(あまり変わらないか・・・)。普通は、フェットチーネを使うが、なかったのでスパゲッティーニ。代用品づくしでした。でも美味しいのですぞ・・・。カロリーを気にしなければ、ですが。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA