Et Alors?

 毎年、Xmasには、夫と二人で食事に行く。場所はいつもどおり、横浜のイタリアン、オ・プレチェッネッラ。本当はイブの24日に行きたかったが、私の仕事の都合がはっきりせず、予約が遅れてやむなく23日に。予約は遅めの20:30から。

 予約までに少し時間があったので、ブラブラ買い物をしてから向かった。この日は寒かった。私は普段あまり外に出ない(出ても車が多い)ので、この冬初めて、「寒い!!!」と思った。


サンタさんと一緒だったので、プレゼントを買ってもらった。
ニールズヤード・レメディーズの美容オイル、美容液、グロス。悪あがきはやめない。
そんなこんなで時間が来たのでレストランへ。。。横浜駅から10分ぐらい歩く。

 最初はいつもどおりスプマンテで、いろいろあったこの一年を振り返りながら、乾杯。


ほんのりピンク色のほうを選んだけど、目が悪いのか暗いのか・・・わからず。

 突き出し。4種盛り合わせ。左から、豆のスープ。次・・・忘れた。そしてあわびのオイルフォンデュ、あおりイカと続く。パンは自家製。お隣の姉妹店でピザのお店、ア・マシケラの窯で焼いているそう。


オマール・マンゴ・モッツァレッラ・カリフラワーのカラブレーゼとキャビア
マンゴ甘さにチコリの苦味がやけに合う。いいバランス。

IMG_1851.JPG
チリメンキャベツとフォアグラのカプネット。ソースは赤たまねぎのソース
フォアグラが濃厚~~♪ 太る~(>_<“)

IMG_1852.JPG
パスタ2種。初めは細か~く砕いた(?)パスタ。上に乗っているのは、
モンサンミッシェル産のムール貝と甘鯛の鱗焼き。
美味しかったが鱗は、やっぱり苦手。

IMG_1853.JPG
このパスタ。珍しいパスタで、、仔牛の肉と、生ハムが詰まっている。
ジロール茸とトリュフのソース。トリュフの香りがすごい。

IMG_1849.JPG
ワインは若めのバローロ。説明しづらいが、開けたては、渋い、角がある感じ。
時間が経つと軟らかくなってくる。(こんな説明ではソムリエにはなれないな)

IMG_1850.JPG

IMG_1854.JPG
メインは鴨の胸肉のソテー。アマレットが周りにまぶして焼いてある。
そして、カボチャのニョッキ。
ソースがほろ苦い。鴨、好きだな~♪ 焼き加減もgood.

IMG_1855.JPG

最後はドルチエ。左はサマープディング仕立てのベリーのタルト。

右はライムとサンペレグリノのソルベ。ビーツのゼリー
残念だが、私はコース料理だと、ほとんどデザートは入らない。
タルトは味見だけして夫に(いつものように)そして右のソルベだけを頂いた。
両方美味しかったが、甘いものは別腹、というのが理解できないでいる。。。。

 食事を始めた時間が遅かったので、結局終電。そして、逗子駅からはタクシーで帰宅。タクシー、稼ぎ時なのか、渦を巻いたようにロータリーを流れている。それでも運転手さんに聞くと、お客さんは年々減っているとか。そして午前様帰宅~♪ ということで一日早いクリスマスディナーでした。

 余談だが、このレストランのオーナー、公平氏に赤ちゃんが生まれたそう。おめでとうございます!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA