Et Alors?

 お天気がよかったので午前中、自宅から程近い、立石という海岸に行った。写真のように大きく立った石(岩)がこの立石海岸の名前の所以である。ここは、無料の駐車場があるため、シーズンになると、朝早くから車が並ぶ。もちろん、今の時期は問題なく入れる。

DCIM0248.jpg

 ご覧のように、まだ人出は少ない(ない!)。立った岩の左のほう、写真ではあまりよくみえないが、うっすら白く見える?(見えない?)のが富士山である。肉眼だともっとよく見えるが、写真にして、解像度を下げたらほとんど見えなくなってしまった(-“-;A .

DCIM0255.jpg  DCIM0256.jpg

 ここまで来たのだから、そうだ、生しらすを買いに行こう!と思い立ち、佐島までドライブ(といってもすぐ近くだが)。3月10日に解禁になったのだが、3月11日の地震で、漁ができず、しばらくは売っていなかった。余談だが、次男夫婦の愛犬の「しらす」の名づけ親?も、佐島のしらすである。しらすを買いに行ったときに出会ったので、「しらす」と名づけた。10年前、ルーターを買いに行った時に出会って、私たちの家族となった愛犬「ルー太」と命名の経緯はいっしょ。どうして私の家族は皆、発想がダイレクトなんだろう・・・。でも、考えてみたら「立石海岸」も似たようなものか・・・。

 私がよく行くのは「山茂丸」。販売所もあるが、本店に行った。生しらすは、出遅れるとすぐに売切れてしまうので、電話をしてとっておいてもらうが、今日はラッキー!!って、もしかして、風評被害などを受けているのだろうか?そういえば、いつもより売れ行きが悪いような・・・?

 実はこの私も、茨城県沖で獲れた小女子から放射性物質が検出されたと報じられたとき、「相模湾のしらす」は大丈夫かと、一瞬心配になった。ううぅ。。。大好物なのに。
ということで、安心のため、市役所の危機管理課に電話。「それぞれの漁場で管理していますので、市場に出回っているものはすべて大丈夫です。」とのこと。「〇〇丸と銘打って漁師さんが直接販売しているしらすも大丈夫ですか?」と聞くと、「大丈夫です。」
 きっと、こういう電話が一日何十本もかかってくるんだろうな~。よかった~♪ 大好きなし・ら・す。


定番、しょうが醤油でいただきます

 

 左は、春らしくソラマメと桜海老のかき揚げ。右はしらすとねぎのかき揚げ。生しらすは鮮度が命なので、その日に食べなければならない。二人だとどうしても多すぎるので、生で楽しんだ後は、だいたいはかき揚げにすることが多い。

 しらすは、釜揚げと天日干しがある。以前にも書いたと思うが、魚の脂分はとても酸化しやすい多価脂肪酸である。できれば、天日干しを毎日続けて摂取することは避けたほうがよい。これは干物も同じである。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA