Et Alors?

 いつも利用しているAmazon.comのサイト。試しに海外のサイトで本を買ってみた。Amazon.fr(フランス)だ。まずは、お問い合わせ。海外にも発送してくれるかどうかを聞いてみた。即座に返事が返ってきた。「ものによっては海外へ発送出来ないものもあり、その際には、その旨表示され、決済されることはありません。複数の商品を注文した場合、一つでも海外発送不可のものが含まれると、注文が確定しないので、海外発送のものを買い物かごから出してください」ということだった。
 面白かったのは、この回答に満足したかどうかのアンケートが付いていることだった。
「この回答に満足してくださったらこちらをクリックしてください。」
 日本だったらよくある話だが、フランス人にサービスのよさを期待していなかったからちょっと笑えた。
 で、欲しいと思っていた、本を注文してみた。買えそうである。問題は送料だ。日本ではほとんど送料を払ったことがないが、海外からとなるとそうはいかないだろう。配達の種類も、急ぐ場合にはExpressもある。私は急いでいないので、通常の2週間を選んだ。どきどきしながら手続きを進めると、この本の代金18.01ユーロと、送料14.90ユーロとでた。驚いたのは、ちゃんとその場で日本円に換算してくれることだ。送料14.90ユーロを高いと考えるか、安い、もしくはリーズナブルと考えるかは、その人次第だろうが。
 今日、早速「発送しました」メールが届いた。これから2週間かけて、この本が私の手元に届く。世の中便利になったものだと、思う。。。。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA