Et Alors?

出発の日
 高校時代の友人4人で韓国旅行に行ってきた。3泊4日の旅だ。打ち合わせ通り、羽田で集合。無事にチェックインを済ませた。しばらくすると、友人の1人、N子を呼び出すアナウンスが流れた。なんだろう・・・??と行ってみると、こともあろうに彼女は間違って古いほうのパスポートを持ってきてしまっていた。家に電話してもだれも出ない。今から取りに帰ったのでは出発までに間に合わない!ということで、彼女1人、15,000円の手数料を払って夜の便に変更することになった。会ったばかりのN子に別れを告げ、ソウルで会いましょう、と3人で出発。

 IMG_0004.JPG IMG_0003.JPG
 アシアナ航空の機内食はこんな感じ。うわさ通りキムチがのっていた。
 先に無事にソウルに着いた3人。南大門(ナムデムン)市場でもブラブラしようと、ホテルに荷物を置いてから繰り出した。まずは、私が眼鏡を作りたかったので眼鏡屋さんへ。値切る私に、「おきゃっさ~ん(お客さん)、乱視も入ってるから、しょんなに負けられないよ~」「じゃ、乱視は入れなくていいです。」「それじゃ~見えないよぉ、おきゃっさ~ん。。。」そんなやり取りの
あと、値切って値切って、23,000円で遠近両用のサングラスと、中近両用の仕事用眼鏡を注文。もちろん乱視の矯正も込み。その後は、3人で化粧品買いまくり。BBクリーム、パック、目元用パック等々。大きな袋を提げてホテルへ戻った。

IMG_0008.JPG 夕飯は、M子が豆腐チゲを食べたいと言うので、豆腐チゲの写真が出ている店に飛び込みで入った。N子の無事到着を祈りながら、生ビールで1日目の夜に乾杯した。  そんなこんなしているうちにN子が到着。やっと4人揃ったね!と、最上階の大浴場へ。そして、部屋に戻って、「13日の金曜日」のジェイソンよろしく、4人で昼間買ったパックをしながら、2日目からの予定を練った。
 
2日目

DSC02452.JPG 2日目の朝はお粥。これは、アワビのお粥。これもなかなか美味しかった。必ずキムチが付いてくるところがさすが韓国。予定では、その後、昌徳宮(チャンドックン)へ行って、9:30 のガイドツアーに参加する予定だったが、間にあわなかった。とりあえず、仁寺洞(インサド
ン)へ向かった。次のガイドツアーに予定変更。N子が韓国のポジャギやメドゥプ(手芸用品)の材料が欲しいというので、手芸屋さんへ。P子は、お姑さんへお土産を買っていた。

 

  IMG_0013.JPG 
「そろそろお昼だね、初日に食べ損ねた石焼ビビンバでも食べようか・・・」と言ってお店探していると、N子があるレストランの客引きに連れられて「韓定食、
食べる~?」といいながら振り返り振りかえり、ビルに入って行った。「あ!N子が捕まった。」と、私達も続いて入った。「N子、客引きに弱いんだね。」と苦笑しながらメニューを見ると、幸い石焼ビビンバを発見。飛び込みだったけど、なかなか美味しかった。  

     DSC02460.JPG

 その後、いよいよ世界遺産、昌徳宮へ。ガイドツアーに参加しないと、木曜日以外は後苑には入れない。時間が合わなかったので、仕方なく手前側を少し散策。M子
は、チャングムの誓いのロケ地が見られなかったとブーたれていたが、その頃、私の足の痛みはピークに達していたので、「残念ね~。」と言いながら、本心ホッとしていた(M子ごめん)^^; 

 しばし、昌徳宮で過ごした後、北村(プッチョン)へ。古い韓国の街並みが見えると言う。足が痛かったが頑張った。その日はすごく暑かった。日差しも強かった。北村に着くと、古
い家並みが見えた。日本の昔のお風呂屋さんみたい・・・(^・^)
 ぶらぶらと歩いているうち、真正面に高等学校が見えた。
 なんと、それは冬のソナタのロケ地となった(らしい)中央高等学校だそうだ。「この高校はあの、冬ソナのロケ地の高校かしら?」「違うんじゃない?」などと、韓国通のN子とP子が話していると、突然、韓国人のおばさんが近づいてきて、これが冬のソナタに出てきた高校であることを熱弁し、写真を撮ってあげると、私達全員のカメラを預かり、「いち、に、さん、キムチ~!」といって4個のカメラで次々写真を撮ってくれた。

DSC02463.JPG何かあるな。。。と思っていたら、やはり校門の横に店を構え、韓流スターグッズを売っているおばさんだった。暑かったので、この辺で、かき氷が食べられるところはないかと聞
くと、即座に「氷、ある、ある」と言って、私達を自分の店に招き入れた。5坪ほどの狭い店内には、韓流スターのグッズが所狭しと並んでいる。「え?こんなところにかき氷があるの?」と思ったら、紙コップでトウモロコシ茶を出してくれた(!?)。そして声高らかに、韓流スターの説明を始めた。「誰が好きですか?」 N子は、ソ・ジソプのファンだと言った。
 それからだ。おばさんが本領を発揮し始めたのは。次々とソ・ジソプのグッズを出してくる。
 そうよね。ただでは帰れないわよね・・・。私とM子は韓流スターは知らないので外へ出て待っていた。出てきたN子とP子。特にN子は、メモ帳と、変な袋と、スタバのようなコーヒーのマグの3つで、90000ウォン(約7000円)払って出てきた。オバサンの勢いに負けたらしい・・・しかし、そんなにボラれるとは・・・。
 たくさん買ってもらって気を良くしたおばさんが、「その家、チェ・ジュウの家。今建て直してる。写真撮ってあげる。イチ、ニ、サン、キムチ~!!」

N子が手に持っている白い袋。この中に90000ウォン分の「ソ・ジソプ」グッズが入っている。。。

後の工事中の家は、冬ソナでチェ・ジュウが住んでいた家(らしい)。
後のおじさん、なんでこんなところで写真撮ってるんだ?と不思議そう。

DSC02469.JPG
 その後、念願のかき氷を見つけ、一休み。そこで、N子は、あんな品物に90000ウォンを使ってしまった自分を責めていた。人一倍しっかりしていると思っていたN子が、意外と「押し」に弱いことを再発見。

 
 その日の夜は、日本から予約して行った、曹渓寺の系列?の精進料理。15品の料理が次々出て来た。あまりに多すぎて、最後はギブアップ。まあ、野菜中心だから太らないでしょう。夜はまた、大浴場で汗を流し、ジェイソン会議で最後の一日の計画を練った。
 
3日目
DSC02484.JPG 最後の一日。朝はM子のご希望の韓国海苔巻。私は初めて知ったが、なかなか美味しい。
 韓国海苔で巻いてあって、ご飯は酢飯ではない。
 その後、「韓国海苔とキムチを買わなくちゃ!」「免税品店にも行きたい!」と、いうことで、ロッテ百貨店へ。両手に一杯荷物を下げ、ホテルへ戻り、初日をロスしたN子のため、もう一度南大門市場へ。そこでまた、お土産や化粧品等、最後のショッピングを楽しんだ。

 N子が、唐辛子チョコを買うと言うので、チョコレート屋さんに入った。私は、日傘を買いたかったのでその店に入らず、傘屋さんに行った。私が日傘を買って店から出ると、向こうから3人が歩いてきた。N子の手には、また、特大の袋。聞くと中身は20箱(!!)の唐辛子チョコレートだそうだ^^;
 N子を見ていると、確かに客引きにいちいち反応する。次々と襲いかかる客引きに対して、にこっとして、「いらない、いらない」と、振り返ってまで反応する。私は全く反応しないので、客引きも寄ってこない^^; 

 

 去年?燃えてしまった南大門跡に行った。後に見えるのが、修復中の南大門。放火だそうだ。写真では見えないが、ベージュの覆いの中は、下半分だけ門が
見える。

DSC02488.JPG  

 遅いお昼は、待ってました!サムゲタン!これが一番食べたかった(きっとM子は、気が進まなかったと思うが)。経理担当のP子に聞くと、予算は大丈夫だと言うので、奮発してウコッケイのサムゲタンを頼んだ。ウコッケイって皮膚も骨も黒いのね。最初出て来てグロテスクなのでビックリした。肉の苦手なM子は、普通の鶏のサムゲタンを頼んで正解。ここでも山ほどのキムチが出てきた。私は大満足!!
 

 腹ごなしに明洞のカテドラルへ。ヨーロッパでよく見るようなゴシック建築の建物で、中に入ると、韓国にいるとは思えない。ステンドグラスも綺麗だった。

 P子曰く、このカテドラルの階段で、イ・ビョンホン(だったかな?)が、ドラマの撮影をしたそうだ。


DSC02497.JPG
 そして、コーヒーを飲んでから部屋へ戻った。一日陽に当たって疲れたので、再び大浴場へ。一日の買い物疲れを流した後、夜はNANTAというshowを見に
行った。舞台はレストラン?ホテル?のキッチン。包丁やまな板などを打楽器のように操る、見事なエンターテインメントだった。前の関西風のおばちゃんが、いちいち解説するのがうるさかっ
たが、十分楽しんだ。

 次の日は朝早く出発なので最後の夜。いくらなんでもお腹は一杯なので、ワインとおつまみで部屋で女子会をしようかということになったが、ワインを売っている店がよくわからない。ロッテは閉まっているし、ということで経理担当のP子の許可を得て、ホテルのバーでワインで最後の夜に乾杯!!閉店まで粘り、部屋に戻ってパッキングをして、さらにペチャクチャ。次の日5時起きなのに、気付いたら朝の3時。2時間しか寝られない!!!
 そんなこんなで、あっという間に過ぎてしまった3泊4日の旅。帰りは1人もかけることなく、4人で揃って羽田に無事到着した。

コメント

  1. いや~おばさまパワー全開という感じですね。でも羨ましいね。高校時代の友人と韓国旅行なんて。男同士ではちょっと考えられない。4人のうちの1人はひょっとしてS教授の奥様?

    • Keiko Naoi
    • 2010年 7月 10日

    そう。ビンゴ!あれ?それしかわからない?もう一人は、F井君の奥様の旧姓田中美江子。もう一人は古田昌美。彼女はおとなしかったから知らないかもしれないけど。入学時以来の友達だからもうすぐ40年?あらら・・・

    • まあちゃん
    • 2010年 7月 11日

    同級生4人での韓国旅行、おおいに食べて、沢山お買物して、友とおしゃべりして、とっても楽しく過ごされたようですね。韓国は近いし食は美味しいし物価は安いし私も好きな国です。写真もよく撮れていますね。微笑みながら読ませていただきました。

    • Keiko Naoi
    • 2010年 7月 11日

    有難うございます。まあちゃんも行かれたことあるんですね。私は、旅行はあちらこちらと行っていますが韓国は初めてでした。友達同士ということもあり、本当に楽しい旅行でした。

  2. 休暇は韓国旅行だったんですね。
    お天気にも恵まれ、すべて美味しいそうですね~。
    旧友とは話がはずみますよね。ガールズトーク炸裂ですか(笑)

    • Keiko Naoi
    • 2010年 7月 12日

    そうなんです。突如決まった話だったのですが、サイコーでした♪ 梅雨の韓国で覚悟して行ったのですが、一人が自称晴れ女ということで、日傘を買ったくらいでした。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA