Et Alors?
oil_pain

 オリーブオイルのテイスティングは、(コースターなどで)蓋をしたカップに入ったオイルを手で温め、香りを出して、香りを確かめた後、口に含み、口の中で苦みを確認した後に、シーっと口の両口角を引きながら霧状にしたオイルを喉の奥に送る。そこで辛みを確かめる・・・という手順がある(こんなことはレストランではできない)。確かに、こうしてみると、香り、苦み、辛みが順に確認できるわけである。が、私の場合は、写真のようにパンにタップリかけて食べ比べるのが一番わかりやすい(みんなそうではないだろうか・・・)。こうして数種類のオイルを食べてみると、個性がよくわかる。
 最近、スペインから最高級品質のオリーブオイルを輸入している輸入業者さんにお会いした。その方から教わった手軽な楽しみ方。それは卵かけごはんにオリーブオイル。
 卵とお醤油を混ぜたものを暖かいごはんにかける。ここまでは普通。その後、オリーブオイルを大匙一杯ほど(結構な量だと思われるかもしれませんが)かけて混ぜて食べると病みつきになるほど美味しいと、伺った。
 そして、私も試してみた。確かに!!!なんとも言えない香りと上品なまろやかさ。
 彼曰く、「これも上質のオイルじゃないと、臭くて食べれませんよ。」
 ふむふむ。納得。
 

コメント

    • パォミ
    • 2010年 10月 24日

    私も毎朝スプーン一杯のオリーブオイルを飲んでいます。この CDTの品質なので、ジュースの感覚で飲む事が出来ます。便秘解消に最適です。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA