Et Alors?

 今日は友人2人と数年ぶりにランチ。シャングリラホテルのイタリアンレストラン、「ピアチェーレ」に行った。メインとして、私ともう一人は仔羊を、一人は魚を注文した。
 友人の魚が出てくると、魚の上に真っ黒な何かが載っている。彼女が食べて、「ん?なんだろう。」と首をかしげている。ふとみると、その黒い物(オリーブの刻んだものらしい)の下、要は魚の上にまた白いものが。引張ると、それは紙。本来ならグリルした後に引き出して取出すはずのものらしい。
 3人で、それ、紙じゃないの~?とか、食べられるもの?まさか・・・とか話しているうちにそれに気づいたスタッフが慌ててキッチンへ。その後、スタッフの一人が「誠に申し訳ございません。それは、シェフが取出し忘れた紙で・・。よろしかったら新しいものにお取り換えいたします。」
 ったって、もう食べ始めちゃったし。。。というので、「結構です。このままで。」と彼女。
 私は小さい声で、「ツイッターでつぶやいちゃおうかなぁ。」とジョークのつもり。
 すると、さらに別のもっと偉い人が出て来て再度「誠に申し訳ございませんでした。」と言ってきた。
 その後、「お口直しでございます。」と、コースに入っていないソルべが登場。
そしてさらにその後、コースで注文したもの以外のデザートがすべて盛り合わせで出てきた。
「本日は誠に申し訳ございませんでした。シェフからのお詫びのしるしです。」
 (ここで、「私スイーツ苦手なんだけど」と心の声)
 さらに、領収証とともに、3000円分のお食事券まで。
 お口直しじゃなくて、お口止めじゃないの?
 お料理もお値段の割には、驚くほど美味しくはなかったですね。残念ですが。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA