Et Alors?

 スーパーで並ぶ数多くのオリーブオイル。値段もさまざま。産地もさまざま。どれがいいんだろう。。。と悩む方も多いはず。エキストラバージンオイルと、ただのオリーブオイル。日本ではピュアオリーブオイルという名前がついている。エキストラバージンオイルがいいことぐらい、知っているわよ!と思う方。もちろんその通りです。エキストラバージンと記載されているものは、その酸度が0.8%以下、という基準を満たしているものです。ですから、その点は違いがありません。
 では、フィルター、ノンフィルターという記載に気付いたことがありますか?
製造過程で、絞ったオイルを濾過したかしないかがそれにあたります。それは、生産者のこだわりでもあります。イタリアでは、濾過しない方がオリーブ本来の味わいがでるということで、ノンフィルターを好む生産者や消費者も多いようです。
 では、フィルターをかけるとかけないとでは味わい以外になにが違うのでしょうか。
まず、品質保持という観点からいうと、ノンフィルターのオイルのほうが断然痛みが早くなります。なぜならば、オイルを使う際に傾ける度にオイルの中に入っている不純物(オリーブの実)が空気に触れます。不純物が空気に触れると言うことはその不純物が酸化し、ひいては、オイルの酸化を早めることになります。
 一方、フィルターをかけたオイルの場合、不純物がない分、酸化の進みを抑えることができます。結果、フィルターをかけたオイルの方が2倍長持ちするということになります。
 オリーブオイルをたくさん使う方は、酸化の心配などせずに好きな方を選べばよいと思いますが、あまりたくさん使わない方は、是非フィルターをかけたオイルをお勧めします。
 また、フィルターをかけていないオイルは、確かに独自の個性も出ますが、場合によっては、その浮遊する果実が、ある時まとめてベトっと出てくる場合もあります。もちろん、オリーブの実ですから、悪いものではありませんが、仕上げにかける場合などは、見た目がイマイチですよね。
 いずれにしろ、ワインのオリとは違い、また、熟成させるものでもないため、オイルは”鮮度が一番”であることを頭に置いておく必要があります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA