Et Alors?
livre

 今回パリに行った目的は本を買うため。数冊買ってきました。日本の漫画はヨーロッパ各国で有名ですが、フランスの漫画も絵が面白くて、数冊買ってしまいました。そのおかげで、飛行機のチェックインの時に重量オーバーで、スーツケースから本を3kg分、手荷物に移す羽目となりましたが・・・。漫画以外では、レシピ本が主ですが、このオリーブオイルの本が、今回、一番欲しかった本です。オリーブオイルの味わいとその効用。。。というような題名ですが、仕事の合間に少しずつ読み始めたところです。スペインの本屋さんにもオリーブオイル関係の本は山ほど売っていましたが、残念ながらスペイン語は分からない・・。ということで、フランス語のお勉強も兼ね、この本を購入。お役立ち情報がありましたら、少しずつご紹介していこうと思います。

コメント

  1. 数年前に皮膚科で「紫外線アレルギー」と診断され、以来DHCのオリーブ・バージン・オイルを使ってます。正直あまり効果は実感できていないけど。DHCの製品は高いので、料理用に売っている安いヤツを使っても同じではないかと思っているのだけど、どうでしょうか?

    • Keiko Naoi
    • 2010年 4月 02日

    料理用に売っているオイルもいろいろあります。肌に使う場合はまずは濾過してあるものを選ぶ必要があります。無濾過製品は不純物(簡単に言えばオリーブの実の搾りカスで、人によっては料理の旨みになるといわれていますが酸化の原因でもあります)です。もし、DHCが100%ピュアオイルである場合、理屈的には料理用の100%ピュアオリーブオイルと同じことになります。ただ、酸度の問題もありますのでエクストラバージンオリーブオイルを選んでください。オリーブオイルは紫外線から肌を守る効果があるとされ、オレイン酸を多く含むため、酸化しにくく、ビタミンも豊富なので安定した効果が得られます。体に塗るだけでなく、料理で体内に摂取することも心掛けるとよいと思います。

    • takitaro
    • 2010年 4月 04日

    DHCのオリーブバージンオイルは30㎎で3800円もする。高すぎると思うのだけどもね。
    以下、ご参考まで。
    http://www.dhc.co.jp/goods/goodsdetail.jsp

    • Keiko Naoi
    • 2010年 4月 04日

    化粧品は、私達の年代になると、アンチエイジングやら、美白やらと、それ相応のランクになり、その値段たるや、殿方には理解しえない値段となります。本当に肌によいものは何なのか。高い化粧品ではないと思います(といいながら、私の使っている化粧品も決して安いとは言い難い・・)。食で摂る栄養と、肌から摂る栄養とはメカニズムが違うと思いますが、必ずや数万の化粧品に匹敵する素肌ケアがあると信じています。。。私も長い間蕁麻疹に悩まされ、内側からの体質改善と食の見直しを余儀なくされていますが、一時より良くなったような気がします。またお役立ち情報がありましたらアップしますので、お暇なときにお立ち寄りください。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA