Blog Et Alors?

 ズッキーニといえば、あの、緑で細長いきゅうりのような、糸瓜のようなかたちものもを思い出す。最近は、丸いプリンスメロンのようなズッキーニや、黄色いズッキーニも見かけるようになった。先日、長野県、白馬村に住む義弟から、珍しいズッキーニを頂いた。

ズッキーニ.jpg
真っ白でとてもきれい。食べるのがもったいないくらい。

ズッキーニ2.jpg
横から見たところ。なんだかアートな感じ。

 長いふつうのズッキーニを見ると、ズッキーニがカボチャの仲間だということは理解しがたいが、これを見るとなるほど、と思う。さて、どうやって料理するかなぁ・・・と考えて、義弟に聞いたら、普通にオリーブオイルで焼いて食べるとか。味噌汁の具にしてもよいとのこと。。。ということで。。。。

ズッキーニグラタン.jpg

。。。グラタンにしてみた。

 (こらこら、おすすめの料理法と違うじゃないヾ(▼ヘ▼;))。硬かったので電子レンジでチンしてから薄く切り、両面をオリーブオイルで焼いてS&P(塩コショウ)。そして器に並べてから、生クリーム、モッツアレラチーズ、市販のピザ用?チーズ(ここは、グリエールチーズといきたいところだったが、この辺のスーパーには売っているはずもなく。)。セージも散らした。200度で20分ほど。こんがりいい感じである。
。。。。が、皮が硬かった。これって、剥くべきだったのだろうか。チンして焼いて、さらにグリルしてもまだ硬かったのね。。。(^▽^;)。そこで、ナイフとフォークで上品に皮を取りながら頂いた。味はさっぱりしていて、なおかつコクがあり、とても美味しい。オリーブオイルやチーズとの相性、抜群であった。

 そしてもう一品、おいしいトマトで定番中の定番。冷製トマトのカッペリーニ。冷製トマトのカッペリーニ.jpg

 トマトは、湯剥きしてから塩をふってしばらく置いて水分を落とし、ニンニクのすりおろし少々、オリーブオイル、そして、ここでトマトジュースとジェノベーゼを加えるのがみそ。オイルだけよりさっぱりした感じになる。塩少々、あとはよ~~く水を切ったパスタを和えるだけ。このトマト、とってもよいお味がついて美味しい。ちなみに、冷製パスタは温かいパスタより少なめにする。温かいパスタに比べて、食べているうちに「飽きる」のだそうだ。。。そういえばそうかもね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA