Blog Et Alors?
 以前、港の朝市に買い物に行ったときに、その魚屋さんの手作りのアンチョビが売っていたので試しに買ってみた。確かに市販のものより塩分が控えめで美味しいが、気になったのはオリーブオイル。どんなオイルを使っているんだろう。当然、その辺のスーパーで売っている安いオイルだろうな・・・・(魚屋さんごめんなさい)。と思い立ってしばらく、新鮮な小イワシが出るのを待っていた。ほぼ1カ月半前、忘れかけたころに店頭に並ぶ小イワシ発見。「刺身用」。これは、買うしかないでしょ。。。。ということで挑戦。第1弾として、アンチョビの塩漬けをご紹介した。そして、待ちに待って1カ月半。冷蔵庫に寝かしておいた塩漬けのアンチョビをいよいよオイル漬けにする時がやってきた!

DCIM0280.jpg
 以前紹介した塩漬けの様子。開いたイワシと塩を交互に並べ、
塩に埋もれたイワシを待つこと1カ月半。

DCIM0368.jpg
塩に漬かったアンチョビを海水ぐらいの塩水で洗ってペーパータオルで水分を取る。

DCIM0370.jpg
瓶に詰める。瓶は一度熱湯消毒をして乾かしてからね♪ 
こちら、結構しょっぱいので調味料として使う。

DCIM0371.jpg

 そしてオリーブオイルをいっぱいに注ぐ。もちろんろ過してある上質のエキストラバージンオイルを使った。マイルドなイタリア産のオイルを使った。これで1週間ほど待つ。塩分を残してあるので冷暗所で半年ぐらいは持つ(たぶんその前に食べちゃうけど)。

DCIM0367.jpg

 日持ちはあまりしないが、一部を3%ぐらいの塩分に浸し、好みの塩加減になるまで塩抜き。適度な塩分となったら同じくボトルに詰めてオリーブオイル漬けとなる。これは、パンやサラダにそのまま載せていただくためのものである。パンにトマトとモッツアレラチーズと一緒に載せて食べよう・・・なんて、想像しながら作るのが楽しい。そして・・・・・


こんな感じ。うん。なかなかいける。これはすぐになくなっちゃうな・・・・・。
手作りは、材料と工程すべてがわかっているからいい。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA